まこと探偵事務所

まこと探偵事務所

  1. TOP
  2. » 女性が浮気する心理と浮気を食い止める方法

女性が浮気する心理と浮気を食い止める方法

女性が浮気する心理と
浮気を食い止める方法

女性が浮気する心理と浮気を食い止める方法

浮気・不倫は男性だけでなく女性の浮気率も上昇傾向にあります。
今では20代から40代の女性の浮気率はなんと70%越え!
これはもう、他人事ではありませんね。
あなたの周りにも浮気・不倫をしている女性がいるのではないでしょうか?

女性の浮気はバレにくいと聞きますが、まさかとは思いますが・・・あなたのパートナーは大丈夫ですか?
男性の遊び感覚の一時的な浮気とは違い、女性の浮気は本気になる可能性が高いので、女性が浮気にはしってしまってからではもう遅いのですよ(汗)

では、どうしたら女性の浮気・不倫を防止することができるのでしょう。
女性が浮気・不倫に走る心理と、食い止める方法をお話します。

女性が浮気をする心理とは

女性が浮気をする
心理とは

女性が浮気をする心理を読み取っていくと明確な理由があり、家庭やパートナーとの関係に不満が膨らんでいることが大きな原因にあるようです。


  • 子育てに対して、夫との感覚の違い
  • 価値観や性格の不一致
  • パートナーとのセックスレス
  • 自分に全く興味がないように感じる
  • 家政婦でもベビーシッターでもない!自分は夫、彼から女性として必要とされているのか?
  • 夫、彼は私の気持ちを全く理解していない

などなど・・・

倦怠期をむかえていると、感じている女性の中には「そうそう!」と、思う人が多いのでは?
ではなぜ、パートナーに対してこのような感情が生まれてしまうのでしょうか?

女性がパートナーに求めるている事とは

女性がパートナーに
求めるている事とは

女性と男性とではパートナーに求めるものがそもそも違います。
女性は自分だけを見つめてくれる、唯一の理解者である男性をパートナーと考えます。
自分と共鳴できる理解者であるかは、普段からの接し方や会話をすることにあるのです。

特に会話は、話すことでストレスを軽減し、相手の言葉の中から感情を汲みとり、自分と同じ考えの持ち主かの判断にもなります。
つまり女性とって、心がわかり合える会話こそが心地よく感じる行為であって、価値観が一致することがパートナーに求めるとても重要な条件になります。

男性の場合は情報交換の手段として会話をすることが多く、「いつ・誰が・どこで・何をした」「何がどうなったか?どうしたいのか?」と、いった簡潔な会話なのではないでしょうか。

男性からしたら女性の話はまとまりがなく、結論がなんなのか?何を求めているのか?も分かりにくいので「なんのハナシ?結論は何?」と、話を聞くのが面倒だなぁと感じるかもしれませんね(笑)
さらに、会話の中に隠された感情まで理解してほしいというのは、男性にとっては大変に難しいことですよね(汗)

ですが、女性にとっては会話はとーーーても大事なことなのです。
それは、ただ単に女性が話好きというだけでなく、女性ホルモンを刺激することにも関係しているからなのです。

女性は会話をし共感を得ることで、自分を理解してくれる男性だと感じとります。
自分を理解してくれる男性との出会いは、女性ホルモンが刺激され女性としての魅力を実感し、また安心感を得られるのでしょう。
これは、『男性が浮気をする心理と絶対に浮気をさせない方法』でも言いましたが、

“女性は強い男性との間に子をもうけるために、特に妊娠可能な時期には相手を自分だけのものにしたいと考える”

ことから分かるように、一人の男性を自分だけのものにしたいという本能がDNAに刻まれているのです。
なので、女性がパートナーに求めることは、『愛されている自信と安心を与えてくれる男性で、自分を理解してくれる唯一の男性』なのです。

倦怠期に感じる不満は、自分にとって唯一の男性が自分に魅力を感じなくなっているのではないか、愛されていないのではないかという不安や寂しさといった空虚感から生じるのでしょう。

会話をしていても共感が得られなかったり、否定的なことばかりを言われると、「この人と私はわかり合えない」と、心を閉ざしてしまうことになってしまい、心が離れていく原因となります。
そうなると、女性の中に生まれた空虚感を満たしてくれる相手が現れた時に、浮気に走ってしまうことがあるようです。

もちろん、女性も性欲を満たされたいと思っていますが、心の空虚感を満たしてくれて、女性としての自信を与えてくれる相手だからこそ、性的な欲望を掻き立てられるのです。
なので、別の男性に心を奪われてしまう女性の浮気は、「本気」であることがほとんどなのですね。

女性の浮気は本気であるがために、覚悟を決めた上で浮気をしていることが多いのでしょう。
たとえ家庭やパートナーとの関係・友人関係・生活環境を全て捨ててでも、本気の相手に行ってしまうのです・・・

女性の浮気を食い止める方法

女性の浮気を
食い止める方法

一人の男性に自分だけを見つめていてほしい、必要とされたい、愛されている安心感を得たい、自分の存在価値を実感したいというのが、女性の好きな男性に対する気持ちです。
その女性の本心を満たしてくれる相手との浮気なので、浮気が発覚した時には、既にパートナーに見切りをつけていると考えられますね。

そうなると、残念ながら元に戻るのはとても困難なことでしょう・・・
では、女性の浮気を食い止めるためにはどうしたら良いのでしょうか?

愛情を言葉にして伝えること

男性は「愛情を言葉にして伝える」ことが一番苦手・・・という方が多いのではないでしょうか(苦笑)

ですが、これだけはわかってほしいのです。会話を重んじる女性にとって、愛している男性からの「愛の言葉」はどれだけすごいことなのかを!

女性のことをいくら思っていてもそれを言葉にしなければ、女性は夫・彼から『愛されていない、必要とされていない』と感じてしまいます。
言わなくても伝わっているだろう、そんな言葉だけの簡単な関係じゃないと思う気持ちもわかりますが、そこが女性と男性との思考の違いで、思いのすれ違いが生まれる原因なのです。

「愛している」「好きだよ」なんて、恥ずかしくて言葉にできないと思っている男性達。
妻や彼女がパートナーからの愛情に飢えている時に、愛の言葉を囁いてくる男性が目の前に現れたら大変なことになりますよ!
女性が愛されていることをより実感できるように、愛情表現を言葉で伝えるように心がけましょう。

不満を否定しないこと

女性は、日常における不満をパートナーだからこそ話をすることがあります。
子育ての悩み、ママ友との付き合い、パートナーとの価値観の不一致、仕事でのトラブルなど、よく聞きますよね?
「ホントに色んな不満を抱えているんだなぁ。愚痴ばっかりで正直面倒くさいだよな・・・」と聞いている夫・彼は思うかもしれませんね(笑)

ですが、男性に比べて小さなテリトリーの中にいることが多い女性には、逃げ道も少なくストレスや不満が積もることが多いのでしょう。
なので、悩みや不満をパートナーに話すことによってストレスが緩和し、不満や悩みを共有することによって共感を得たいのだと考えられます。

面倒だなぁと適当にあしらったり、空返事ばかりしていませんか?
または、「お前の○○が悪いんじゃないのか?そんなのみんな一緒でしょ?」なんて、否定的なことをいっていませんか?
それでは、「あなたにだけはわかって欲しかった。私のことは何も理解してくれない。」と、不満は雪だるま式に大きくなることでしょう。

そんな時に、彼女の話を聞いてくれて「大変だったね。よく頑張っているね。」なんて同調して努力も認めてくれる優しい男性が現れたら、一気にその男性に心を奪われてしまうかもしれませんね。

妻・彼女の不満や愚痴さえも聞く耳をもって、「妻・彼女の一番の味方は自分なんだ」と、伝えることが大事なのです。

変化に気づけること

好きな人に褒められることは、男性でも女性でも嬉しいことですよね。
特に女性は、髪型や服装など夫や彼の好みにするのではないでしょうか。
それは、やはり好きな相手に「自分だけを見てもらいたい。私に興味を示してほしい。」と、いう思いがあるからです。

「口紅の色が違う? 髪を少し切った? う~ん、全くわからなかった。」
と、男性からしたら気がつかないくらいの変化の時も多いかもしれませんね(笑)

ですが、夫・彼のためにお洒落に気をつかっているのに、全く気がついてもらえなかったら、「私には興味がないのね・・・」と、なってしまいます。

たとえ全く何もなかったとしても「あれ?少し痩せた?」「今日の雰囲気、いつもとちょっと違うね。」なんて、言ってあげたらいつも私を見てくれているんだと安心し夫・彼を見直すと思いますよ。

  

自分以外の男性に
心を奪われないようにするには

  

自分以外の男性に
心を奪われないように
するには

  

女性の浮気は一時的な遊びや欲求を満たすものではなく、自分とわかり合える唯一のパートナーとして付き合う本気なことが多いのです。
ですので、女性の浮気が発覚した時には時すでに遅しという場合が多いのですね・・・

女性の心理を理解することで、自分以外の男性に惹かれてしまう隙をつくらないようにしたいですね。

昔は優しかったのに、釣った魚には餌をやらないのね・・・なんて妻・彼女に思われないように、常日頃より妻・彼女に興味を持ち、愛いされている自信を与えてくれる「心を分かち合える唯一の男性」であり続けることが、女性の浮気を食い止める手立てになりますね。

ページのトップへ戻る