1. TOP
  2. » 男性が浮気をする心理と
    絶対に浮気をさせない方法

男性が浮気をする心理と絶対に浮気をさせない方法

男性が浮気をする心理と絶対に浮気をさせない方法
 

今や政界や芸能界でも、世間を揺るがす大きな問題になっている浮気や不倫

世間で注目される話題なだけに浮気や不倫で、政界や芸能界を自ら退かなければならない、もしくは仕事を干されてしまうといったように、ただでは済まない問題にまで発展してますね。

それは、けして有名人だけではありません。

一般の人でも浮気や不倫が発覚すれば、仕事を辞めなくてはならなかったり、家族を失ったり、世間からの冷ややかな誹謗中傷が浴びせられたりと、当事者だけでなく周りの人の人生をも狂わせてしまう大事です!

なのになぜ、大きな代償があるにもかかわらず、男性は浮気や不倫をするのでしょうか?

また、夫や彼に浮気をされてしまった女性からしたら「彼のために、家族のために尽くしていたのに、なぜ浮気をされてしまったのだろう?」と、悔しい思いに苛まれることでしょう。

浮気や不倫の多くのケースを見聞きしていると、浮気や不倫をする方・された方の両者に問題点があることが見えてきます。

そこで、なぜ男性が浮気をするのかその心理を分析し、浮気をさせない方法をお話します。

DNAに刻まれた本能

 

浮気をする心理には男性と女性で違いがあり、それは男女の考え方・本能の違いから生じるものだと言われています。

人間には遥か昔「男性は狩りに行き、女性は家庭を守る」と、いう役割を分担してきた生物学的本能が、今もDNAに組み込まれているからなのだとか。

つまり、男性狩猟本能から追いかけられるよりも追いかけることに興奮を感じる傾向にあり、また自分の種の保存をより優秀な子孫を残すために、複数の相手との間に子をもつ事を求める生殖本能がDNAに刻まれているそうなのです。

確かによく聞く話ですが、男性の愛と性欲は別物というのも生命に刻まれた生殖本能からくるものなのですかね(笑)

女性は集落で家庭を守っていた本能からコミュニケーション能力が高く、人の感情と共存してきたことから感情が豊かなのです。

なので、女性は泣いたり怒ったり感情を表に出す事が多いですよね。

女性感情を表に出す事で、女性ホルモンを刺激しストレスを発散しているそうです。

また、女性は強い男性との間に子をもうけるために、特に妊娠可能な時期には相手を自分だけのものにしたいと考えます。

しかし、妊娠可能な時期を過ぎると急に執着心が無くなるのだとか。


人間は発情期というものがない生き物ですが、発情期のある動物はメスが妊娠可能な時期に交尾をしますが、その時期を過ぎたらメスはオスなど見向きもせず、オスはオスでどこへやらですよね。

人間はそこまで繁殖のことばかりに固着して生きていませんし、人間ならではの豊かな感情があるわけですから、他の動物や古代人のような本能だけの男女の関係ではありませんがね(笑)

男性が浮気をする心理とは

 

そもそも男性と女性では考え方・思考が違うので浮気する意味も男性と女性とでは全く違うようです。

浮気をする男性とは

 

男性は浮気について、「現実逃避」「ストレス発散」「癒し」「性欲を満たす」といった発想にあるので、欲望を満たすものが「浮気」としてあるわけです。

なので、妻や彼女への愛が無くなったわけではなく、男性の浮気はあくまで欲求を満たす遊びといった感覚なのですね(笑)

「男の浮気は遊び」という観念からも、男性の方が罪悪感が薄かったり、女性が浮気した場合より世間の風当たりが弱く、懲りずに浮気を繰り返す「浮気性」の人もいますよね。


男性にとって妻や彼女との関係は実生活としてある現実であって、その関係が安泰していると付き合い始めた頃のような情熱を感じなくなります。

つまり「倦怠期」というやつです。

そうすると「生活に刺激が足りない」と感じ、刺激を求めて浮気にはしる男性もいるのです。

遊びである浮気は非日常・非現実的で、スリルを感じながら欲求のままに男女関係を楽しめるのでしょう。


心理学者John Gray氏は、男性が浮気にはしるときの身体的な状況をこのように述べています。

 

”パートナーとのセックスによって「愛情ホルモン」ともいわれるオキシトシンが放出されると、男性ホルモンであるテストステロンが下がります。これを再び同じレベルに増やしていく過程で、他の女性に目が行くと、脳内にドーパミンがでてきます

浮気というのはバレたらどうしようという危険もありますし、それだけでワクワクするものです。

そしてドーパミンはテストステロンを増やします。

そこで他の女性と身体の関係を持ってしまうと、パートナーである奥さんに魅力を感じなくなってしまうものなのです。”

■参照:男が浮気をしてしまう本当の理由 | PRESIDENT Onlineより

 
 

つまり、浮気に溺れている男性は妻や彼女以外の女性とのセックスで、男性ホルモンが刺激され疑似恋愛状態にあるのですね。

しかし、それはあくまで現実逃避をしている状態にあるので、妻や彼女に女性的な魅力を感じなくなったとはいえ、実際に自分を支えてくれているのは妻や彼女だということはわかっています。

わかっているのに浮気をするのですから質が悪いですよね!

男性の浮気は心の繋がりが薄いことから軽んじがられる傾向にあるとはいえ、自分にとって大切な存在である妻や彼女への大きな裏切り行為であることに間違えありません!


男性からしたら浮気相手は「刺激を与えてくれて、性欲をみたしてくれる都合のいい女」なのです。

本気の相手だったら、妻や彼女との関係をしっかり清算するでしょう。

「家庭・彼女との関係は壊したくない、でも欲求には勝てない」なんて、本能丸出しの「原始人男」ですね・・・


しかし、浮気相手の女性が男性に本気になった時に、浮気は「非現実」ではなくなってしまいます。。

「私と奥さんのどっちが大事なの?」なんて、言われたら当然奥さんなわけですから、浮気相手との関係はハイお終いです(笑)

男性からしたら「遊びだって割り切ってたんじゃないのか?」って感じですかね。

とはいえ、浮気相手も一人の女性として愛されたいと考えることは当然です。

そうなると、浮気相手との関係はフェイドアウトしていくでしょう。

ですが、妻や彼女からしたら例え浮気相手が遊びだとしても、たまったもんじゃないですよね!

相手が本気になるまで、目が覚めないなんていうのにも呆れていますよね・・・

一人の女性を大切にできない男に、浮気相手を本気にさせるだけの度量があるのかも、わかったもんじゃありませんしね(笑)

浮気をする男性は、一人だけを愛し続ける本当の価値がみえていないのでしょう。

男性に浮気をさせない方法

 

男性に浮気をさせない方法として、男性は常に「刺激を求めている」ということを心に留めておいてください。

夫婦関係、恋人関係が安定していることは大切なことです。

ですが、安定と当たり前が一緒になってしまってはいけません。

夫・彼がいてくれる幸せ。
自分のために何かをしてくれる時間。
夫・彼に触れられること。
家庭や自分のために働いてくれていること。
などなど・・・

全て相手があってこそ感じられることで、何気ない日常は何一つ当たり前ではないのです。


関係が安定していることをよいことに、努力を怠っていませんか?

夫・彼が好きな料理や好みの料理をつくる。
夫・彼のために化粧や服装に気をつかう。
夫・彼に依存するのではなく、趣味や仕事・家事などに打ち込めるものがあり、心が輝いている。
など。

妻や彼女のフッと見せる女性らしいサプライズは、男性にとって刺激になるでしょう。

夫や彼が好きになった女性なのですから、あなたはズバリ!タイプな女性なのです。

自分に自信を持って、男性がいつまでも追いかけたくなるような素敵な女性でいる努力をしましょう。


また、夫や彼が悩んでいるような様子に気づけてあげられていますか?

夫や彼への甘えから、相手の状況を考えずに自分の愚痴や不満ばかりを一方的に話していませんか?

男性が仕事のことで悩んでいる時に、全く関係ない妻・彼女の不満を聞かされ、愚痴のはけ口になんてされたら、妻・彼女に会うのもイヤになりますよね。

それに、男性は女性と違っておしゃべりでストレスを発散するこはありません。

悩みを抱えていても自分の中で消化しようとします。

なので、矢継ぎ早に質問をして聞き出そうとしたり、ましてや聞いてもいないのに「○○だからあなたはダメなのよ」「○○したらいいのよ」なんてダメ出しや助言なんてされたら、男性にとってストレスにストレスを重ねるようなものです。

男性が悩んでいるような時は、そっとしておいてあげてください。

そして、男性にとって女性の笑顔がなによりも癒しです。

顔を合わせれば、ほら捕まえたとばかりに余計な一言いわないで(笑)、笑顔を返してあげてくださいね。

出会ったばかりの頃を思い出してください。

彼の顔が見えただけでうれしくて、自然と満面の笑みが溢れていたでしょ?

女性にも家や社会で色々な悩みや不満が沢山あることでしょう。

ですが、男性に浮気をされたくないのなら、夫・彼の前ではいつも穏やかで朗らかな「良妻賢母」的な女性でいてください。

外面よりも夫・彼のためだけに内面良くしていればいいのですよ(笑)

社会という戦場で闘っている男性が愛する人に癒してもらえなかったら、他の女性へ癒しを求めにいってしまいますよ。

夫や彼のエネルギーを自分に向けさせる賢い女性であることが、男性に浮気をさせない方法です!

ページのトップへ戻る