1. TOP
  2. » 浮気疑惑浮上!早めに手を打つ方法

浮気疑惑浮上!早めに手を打つ方法

浮気疑惑浮上!
早めに手を打つ方法

浮気疑惑浮上!早めに手を打つ方法
 

夫の行動がなにか怪しい・・・。

ネットで浮気疑惑を調べると、

「妻の知らないアカウントでSNSをしている」
「スマホにロックをかけるようになり、画面を見られないようにしている」
「飲み会や趣味の外出が増え、以前よりも帰宅が遅くなった」
「残業が増えたが給料は以前と変わらない」
「趣味趣向が変わってきた」etc・・・

調べれば調べるほどに当てはまる点があり、浮気疑惑が色濃くなってきた。
私はどうしたら良いのだろう・・・。

途方に暮れてしまう日々をお過ごしかと思います。早めの対処法をしっていれば、今後の動きもスムーズに運ぶので、何をしたら良いかお話します。

普段と変わらない自分を演じる

普段と変わらない自分を演じる
 

夫が浮気をしていると疑いだしたら、怒りと悲しみで夫を直ぐにでも問い詰めたくなることでしょう。
「最近、帰りが遅いわね?」などと、嫌みの一つも言ってやろうと思うかもしれません。
ですが早めに手を打たなければといっても、その時の感情で動いてはダメです。
ここは賢く先を見据えた行動でなければなりません。

浮気をしている夫ですから妻の言葉や行動に敏感になっています。
何か怪しまれていると感じたら、証拠隠滅をはかることでしょう。

厄介な事に男性は、自分と関係を持った女性・好きになった女性は、別れたとしてもいつまでも心に留めていている傾向があります。
心のどこかでまだ自分の事を好きでいてくれているだろう、自分の所有物であるといった心理があるのです。
浮気相手に心が傾いていたとしても、あなたに対しては「自分の所有物」であるので、妻も手放したくないという勝手な思いです。

そんな夫の目を覚まさせて改心させるには、浮気がどれだけの罪になるのかを思い知らせるしかないのです!
そのためには、一つでも多くの証拠が必要になってきます。

だからといって、あなたが夫を尾行したり危険を冒してまで証拠を集める必要はありません。 あなたがすることは【普段と変わらない自分を演じる】ことです。

そうです。妻が夫の浮気に気づいていないと夫を安心させて泳がせるのです。
その間に、あなたは夫の行動を逐一日記に書き留めておきましょう。

疑心暗鬼にかられながら普段の自分を演じ続けるのは辛い事だと思います。 しかし夫の行動パターンを知ることで、この後の手続きであなたを助けることになるのです。

確実で決定的な証拠を揃える

確実で決定的な証拠を揃える
 

たとえ離婚をしないとしても夫の浮気により精神的な苦痛をうければ、「慰謝料の請求」ができます。
夫の浮気相手にも当然請求できるのです。
そのためには、夫か特定の相手と不貞関係にあった事が証明させなくてはなりません。

夫が浮気をしているということを証明できるだけの判断材料を揃えなければ慰謝料請求はできません。

自分でできる証拠集めとしてネットでも色々上がっていますが、自分が苦労して集めた証拠が裁判において無意味になる事がほとんどです。
素人が集めた証拠は、鮮明ではない、捏造されたもの、写っているのは自分ではないと相手側に論破されてしまうからです。

相手が言い逃れ出来ない確実で決定的な証拠とは、ホテルからでたきた決定的な瞬間など夫と浮気相手がハッキリ写っているもので、それも一度だではなく継続的な肉体関係であることから数回に渡り日付・場所・時間がわかるものが必要です。 ここまでの証拠を、夫や浮気相手に知られることなく集めることは素人には難しいでしょう。

浮気相手に慰謝料を請求する場合には、氏名・住所・勤め先・顔を知らなければなりません。 浮気相手が誰だかわからない場合は浮気相手の特定からになり、相手の素性も調べていくのでなおさら難しいです。

確実で決定的な証拠を集めるには、やはりその道のプロである興信所・探偵事務所への依頼です。
ですが、依頼するにはお金がどれくらいかかるか、信用できるところなのか心配・・・と、思われますよね。
正式な依頼の前に、無料相談できる興信所・探偵事務所へ料金システムなどについて相談してみましょう。

また、同じ浮気調査だとしても料金を抑えることが可能です。
それは、先ほどお話した夫の行動パターンをあらかじめ把握しておくことにあります。
夫の行動パターンを知ることで、調査日・時間を絞り込むことができるからです。

証拠を手に入れることができたら、慰謝料請求など弁護士に依頼しましょう。
確実な証拠があれば裁判は短期で終わるので、裁判費用も縮減できます。

浮気疑惑浮上!早めに手を打つ方法 まとめ

浮気疑惑浮上!
早めに手を打つ方法
まとめ

 

夫の浮気の真相を知ることは辛いことでありますが、浮気の真相と浮気相手の素性がわからないままでは、あなたの本当の闘いは終わりません。

またいつ夫が浮気するか・・・
まだ浮気相手と繋がりがあるのではないか・・・
とずっと、疑心暗鬼で苦しみ続ける事になります。

浮気がどれだけ重い罪なのか、あなたがどれだけ傷ついているのかを夫に分からせるためにも、証拠を突き付けて法的処置をとることを考えてみてください。

ページのトップへ戻る